その他

「国税クレジットカードお支払サイト」が2017年1月4日に運営開始だって

投稿日:

国税庁

 

2017年1月4日から、税金をクレジットカードで支払うことができるようになるそうです。

支払うことができる科目は以下の通りで、一部を除きほとんどの科目をクレジットカードで決済することができるようです。

クレジットカードで支払い可能な科目

  • 申告所得税及び復興特別所得税
  • 消費税及び地方消費税
  • 法人税(連結納税を含む)
  • 地方法人税(連結納税を含む)
  • 相続税
  • 贈与税
  • 源泉所得税及び復興特別所得税(告知分のみ)
  • 源泉所得税(告知分のみ)
  • 申告所得税
  • 復興特別法人税(連結納税を含む)
  • 消費税
  • 酒税
  • たばこ税
  • たばこ税及びたばこ特別税
  • 石油税
  • 石油石炭税
  • 電源開発促進税
  • 揮発油税及び地方道路税
  • 揮発油税及び地方揮発油税
  • 石油ガス税
  • 航空機燃料税
  • 登録免許税(告知分のみ)
  • 自動車重量税(告知分のみ)
  • 印紙税

出典:国税庁ホームページ

この中で私が納付で利用できそうなものは、所得税の支払いくらいでしょうか^^;

自動車重量税についても、車を買ったときや車検の時も、契約時や納車時に一括で支払うのが一般的ですので、こちらもパス。

 

国税クレジットカードお支払サイトを利用するメリット・デメリットは?

国税をクレジットカード払いにすることによって、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット

1、税金の支払いにクレジットカード会社を通すということは、一時的にカード会社が立て替えをすることになります。ですから、支払いを決済日まで伸ばすことができるということです。

2、税金を分割で支払うことができます。

 

デメリット

1、立て替えを行うことによって決済手数料がかかります。国税庁ホームページのQ&Aによると、最初の1万円までは76円(消費税別)で、以後1万円ごとに76円(消費税別)が加算されます。

2、分割で支払えるということは、分割手数料がかかることになります。

 

 

まとめ

このように、税金の支払いを少しでも遅らせたい場合は利用する価値があるかもしれませんが、その分余計な手数料を支払うことにもなります。事業者向けのサービスですね。

大多数の方が、国税のクレジットカード払いを利用することは、まずないでしょう。

-その他

Copyright© クレジットカードを解約する前に , 2019 All Rights Reserved.